オヤジメモ

【2019年】amazonで何か売ってみたいけど出品登録で迷ったのでメモ

やはりカネなしオヤジはエコロジーなので家にあるものを売って誰かに使って貰いたいのです。

今ではメルカリとかヤフオクで様々なものが個人で売れるようになりました。

とても便利な世の中になったもんです!

メルカリとヤフオクは出品してみた事はあったのですがamazonに出品した事が無くて、試しに登録して出品してみました。

しかし、結構難しい!

オヤジ的にちょっと困った部分をメモしておきたいと思います。

早速検索してみると出品までの流れをまとめたブログが沢山出てきますね。

amazonは大口出品と小口出品とで選べるのですね。

大口出品を選ぶと?

売上を最大化したい人におすすめ

月額登録料4,900円+注文成約時にかかる販売手数料

■オリジナル商品もAmazonに既にある商品も出品可能
  出品可能な商品のカテゴリーとコンディション一覧
■出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)
■大量の商品もまとめて出品登録が可能
■データ分析レポートが利用可能

小口出品を選ぶと?

小規模で販売したい方におすすめ

1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

※上記に加え、アカウントの設定完了時に、アカウント確認料として1円が出品者様のクレジットカードに請求されます。

■Amazonに既にある商品のみ出品可能

■商品を出品するには1商品ごとに登録が必要

なるへそ。とりあえず小口出品で登録と。

細かい手続きに関してはこちらをご覧くださいませ。

ここからが本題の困った事。

出品者の本人確認の所です!

「国民ID」と「銀行取引明細書」の提出が必要との事。

国民IDってマイナンバーカードの事みたいです。

ちなみに私は免許証の両面スキャニングを提出しました。

もうひとつ「銀行取引明細書」って何??これって銀行に問い合わせしないとダメなやつっぽいです。調べると銀行通帳のコピーで審査に通ったとの記事もありましたが、私通帳レスにしてまして通帳を持ってないのです。

とりあえず銀行のネットバンキングの明細を金額をぼかしてスクショで送った所。結構早めにamazonから返事がきました。「銀行またはクレジットカードの明細書」じゃないとダメだしそもそもスクショを受け付けないとの事でした。

そして下記が明記されていないとダメだという旨のメールがきました。

★ 氏名
★ 請求先住所
★ 銀行情報
★ 発効日

こんな全部揃った書類すぐに用意できないと思い、ダメ元で楽●カードのクレジットカード明細をpdfで書き出して内訳の金額部分を消して再提出すると審査が通りました!

なんだ住所とか載ってなくても通るんじゃん。。

という訳でまとめ

提出書類その1

「マイナンバーカード」でなくても免許証でもOK!※ただし写メやスクショでなくスキャニング

提出書類その2

「銀行口座取引明細書」がなくてもクレジットカードのweb明細をpdf化して金額部分を消して提出したもので審査が通った※写メやスキャニングはNG

上記2点の提出でamazon出品の本人確認が取れました!

以上参考になれば幸いです。